美しさは挑戦 –The Beauty of Challenge

LINE予約
WEB予約
診察案内
アクセス
よくある質問
プライバシーポリシー
医師解説ページ

自力で治せる? 真性包茎

真性包茎

真性包茎とは、亀頭が包皮で覆われていて包皮を翻転して亀頭を全て露出できない状態を指します。男性は、産まれた時点ではほぼ 100 % が包皮と亀頭が癒着しているため元々は真性包茎です。第二次性徴時の男性ホルモン分泌により、男性器の発達とともに包皮が軟化し、16 –17 歳までに 95 % 以上が真性包茎ではなくなるとされています。しかし、ごく少数の割合で包皮の軟化・発達が不十分となることがあり、成人後も癒着していることや包皮輪が広がりにいため包皮を翻転して亀頭を全て露出できない場合は真性包茎と分類されます。
真性包茎は包皮を剥くことができないため、包皮と亀頭の間を清潔に保つことが難しく、包皮内が細菌感染の温床になります。包皮内の恥垢を落とすことも難しく、臭いの原因にもなります。医学的には「栗の花」と表現される精液の匂いが「生臭い」や「イカ臭い」と感じられる場合は、包皮内を清潔に保てていないことが原因です。亀頭包皮炎などの感染・炎症を繰り返すと亀頭と包皮のさらなる癒着や陰茎癌の原因になります。また、性感染症のリスクも高くなってしまうため、真性包茎は積極的な治療が望ましい状態です。
仮性包茎については、医師解説「自力で治す 仮性包茎
嵌頓包茎については、医師解説「自力で治せる? カントン包茎
上記にて包茎の種類別に解説しております。


自力で治せる? 真性包茎

小児の場合は真性包茎が正常であるため、基本的に治療は必要ありませんが、包皮炎を繰り返す場合は手術を推奨される可能性があります。前述のように通常 16 –17 歳までに包皮の軟化と癒着が解除されますが、成人後も真性包茎である場合は自然治癒は期待できません。真性包茎を自力で治すための矯正グッズも販売されていますが、癒着以外に包皮輪の狭窄を合併している可能性があり、無理に包皮を剥くと元に戻すことができず陰茎の痛みやむくみ、高度狭窄の場合は血流障害で陰茎が壊死する可能性があります。また、癒着の剥離や包皮輪の拡張で亀頭や包皮を傷つけることもあり、傷からの感染や治癒過程で癒着の悪化、包皮輪が拘縮し状態が悪くなるリスクがあります。
皮膚を長期間引き伸ばすことで次第に伸びやすくなり改善する可能性はありますが、多くの危険を伴う処置となるため、真性包茎を自力で治すことは推奨されません。陰茎癌を含む多数のリスクを有するため、真性包茎は一般病院の保険診療での手術適応とされている危険な状態ですので、早期の治療が推奨されます。
保険診療との違いについては、医師解説ページ「一般病院と包茎治療専門クリニックの違い」にて解説しております。


今回は真性包茎と治療方法について解説いたしました。
真性包茎は手術治療が推奨される状態であるため、なるべく早期の治療ををオススメいたします。治療としてだけでなく、仕上がりの美しさも気になる方はぜひプロクリニックへごご連絡ください。カウンセリング・診察は無料となっております、お気軽にご相談ください。

LINEでも相談を受け付けております。「ぷろたんに相談する」からご相談ください。


↓ ご予約・無料カウンセリングはこちら ↓

関連記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
PAGE TOP