美しさは挑戦 –The Beauty of Challenge

LINE予約
WEB予約
診察案内
アクセス
よくある質問
プライバシーポリシー
医師解説ページ

自力で治せる? カントン包茎

嵌頓包茎

嵌頓包茎とは、包皮を翻転させ亀頭を全て露出することは出来るが包皮輪が狭く、包皮を剥く際に亀頭を圧迫しながら露出させなければならない状態です。嵌頓包茎では包皮輪が狭すぎるために包皮を剥いた状態では陰茎・亀頭が締め付けられてしまい、特に勃起時に締め付けによる痛みや皮膚が風船のようにむくんでしまうことがあります。陰茎の弛緩に包皮を剥けるが、勃起時では皮が途中までしか剥けず亀頭を露出出来ない方も嵌頓包茎に分類されます。重度の嵌頓包茎では包皮輪が狭すぎるため、包皮を剥いた状態では血流障害で亀頭が青黒く変色し、改善できなければ壊死へ至ることもあります。カリ首に狭い包皮輪がかかると、カリの傘部分を越えて包皮を戻すことが出来ず、緊急手術が必要になるケースもあります。亀頭が露出できるため仮性包茎に分類されるため保険診療の適応外になりますが、重度では壊死など危険性の高い包茎なので、早期治療が望ましい状態です。
仮性包茎については、医師解説「自力で治す 仮性包茎
嵌頓包茎については、医師解説「自力で治せる? 真性包茎
上記にて包茎の種類別に解説しております。


自力で治せる? 嵌頓包茎

嵌頓包茎を自力で治すためには、狭い包皮輪を長期間かけて引き延ばす必要があります。自力で治療する際に使用する矯正グッズは真性包茎と同じタイプのものを使用します。包皮輪を伸展・拡張した状態で保持し時間をかけてゆっくりと包皮を伸ばし締め付けがなくなるまで続けることで、狭窄・嵌頓が無くなり仮性包茎になります。しかし、包皮を引き延ばす際に包皮が裂けるなど、傷つける危険性が高く、皮膚は感染への防御を担っているため裂けた傷から包皮炎などの感染症へ至るリスクがあります。炎症が起こると組織間で癒着が生じることがあり、包皮と亀頭が癒着して包茎が悪化する可能性があります。炎症に至らない場合でも、傷の治癒過程で硬い組織で治癒する可能性があるため、包皮が広がりにくくなってしまい嵌頓包茎が悪化する危険性があります。
包皮を引き延ばす治療は感染や包茎が悪化するリスクがあるため推奨されません。嵌頓による痛みなどの症状がある方は、早期治療が望ましいため手術治療をお勧めいたします。


今回は嵌頓包茎と治療方法について解説いたしました。
嵌頓包茎は緊急手術が必要になるケースもあるため、症状のある方は特に手術治療が推奨いたします。衛生面の改善だけでなく仕上がりの美しさを求められる方はぜひプロクリニックへごご連絡ください。カウンセリング・診察は無料となっております、お気軽にご相談ください。

LINEでも相談を受け付けております。「ぷろたんに相談する」からご相談ください。


↓ ご予約・無料カウンセリングはこちら ↓

関連記事

PAGE TOP