美しさは挑戦 – The Beauty of Challenge

LINE予約
WEB予約
診察案内
アクセス
よくある質問
プライバシーポリシー

リベルサスについて

リベルサスとは?

当院ではメデイカルダイエットの治療薬として、
GLP-1受容体作動薬の内服薬であるリベルサスを使用しています。リベルサスはもともと2型糖尿病治療薬として開発され、厚労省でも承認を得て、使用されている医薬品です。肥満症の治療薬としては、厚労省の承認は受けていません。しかし糖尿病治療薬としての使用実績では、副作用の少ない製剤であることが証明されています。しかし効果については、個人差があり効果を 100%保証するものではありません。

〇GLP-1とは
膵臓から分泌されるホルモンの一種で、血糖値を調節する役割を持ちます。インスリンの分泌を促し血糖値を下げる効果により食欲を抑制します。
食事摂取後にGLP-1が分泌されることで、インスリンの分泌を促進し血糖値の上昇を抑制します。またGLP-1は食欲を抑制し体重や内臓脂肪、筋力中の脂肪を減らす効果が期待できます。胃での食物の排出を遅らせ胃腸の動きを弱め、満腹感を促進し食欲を抑制します

〇内服方法
※内服方法は厳守してください。効果が出なくなってしまいます。

[服用時の注意点]
・朝起きて空腹状態で内服する
(※飲食後に内服してしまった場合は効果が低下してしまいます)

・必ず1錠をコップ半分(100cc以下)の水で服用する
(※お茶やコーヒー、服薬ゼリーなどでの服用は効果を低下させるため必ず水で内服してください)

・服用後約1時間は飲食及び他の薬剤の摂取は禁止です。
(※錠剤を割ったり、砕いたり、嚙んだりせずに丸ごと飲み込んでください)

※リバルサスは湿気と光の影響を受けやすいため、服用の直前にシートから取り出し内服してください。

〇副作用
主に消化器症状、低血糖、急性膵炎等が見られます。
・消化器症状:便秘や下痢、気持ち悪さ(胃のムカつき)や吐き気等が見られます。症状が続く場合は内服を中止し当院にご連絡ください。
・低血糖症状:異常な空腹感、だるい、冷や汗、手足の震え、動悸等が見られます。症状が続く場合は内服を中止し当院にご連絡ください。低血糖症状が見られた場合は、ブドウ糖(甘い飲み物やチョコレート、飴)を摂取してください。
・急性膵炎:リベルサス内服中に嘔吐を伴う激しい腹痛が続く場合は急性膵炎の可能性があるため内服を中止し当院にご連絡ください。

〇種類
・3mg/7mg/14mgがあります
内服を開始する場合は必ず3mgから開始します。
3mgを4週間以上投与した後に7mgまで増量します。7mgは維持用量になります。7mgを4週間以上投与後もっと効果を出したいと治療を強化したい場合は14mgに増量します。

[費用]

リベルサス3mg
1ヶ月分
 18,000円(税込)
リベルサス7mg
1ヶ月分
 42,000円(税込)
リベルサス14mg
1ヶ月分
 63,000円(税込)

〇よくある質問

Q:リベルサスは毎日同じ時間に服用する必要がありますか?
A:服用する時間は多少変わっても構いません。胃の中が空っぽな状態で服用することが大切です。
Q:飲み忘れや服用前に飲食をしてしまった場合はどうすればよいでしょうか?
A:その日の服用しないでください。次の日の空腹時に服用してください。毎日の内服になるので忘れてしまうことが出てくると思います。その為おすすめの服用方法は朝起きてすぐに内服することです。お手洗いに行ったすぐ後に内服するなど習慣化しているものに追加してみてくださいね

 

PAGE TOP